• 着心地のいい服 トップ
  •  > 【インテリアスタイリスト 石井佳苗さん】自然体でいられて心地よい。今のわたしに合うのは、天然素材。

【インテリアスタイリスト 石井佳苗さん】自然体でいられて心地よい。今のわたしに合うのは、天然素材。

自然体でいられて心地よい。今のわたしに合うのは、天然素材。

洋服選びは、素材や形を意識して。

小気味よいミックスコーディネイトが人気で、その暮らしぶりも注目される、インテリアスタイリストの石井佳苗さん。取材でお邪魔したご自宅にも、さまざまなテイストのインテリアがナチュラルな色をベースに飾られていました。
その調和した空間と気ままに遊ぶ3匹の猫にも癒され、時が経つのを忘れてくつろいでしまいそうです。

白崎裕子さん

「インテリア同様、最近は服も白やベージュ、グレーがほとんど。差し色に赤などを合わせたりしますが、メインは落ち着いた色が多いですね」
と、石井さん。この日はブルーグレーのプルオーバーが印象的で、その素材感も引き立っていました。

「これはシルクです。上品でなめらかな質感が大好き。猫の毛がつきにくいのも助かるんですよ」
と、愛猫たちに優しい視線を向けられます。そんな石井さんが服の素材や形を意識し始めたのは、スタイリストとして独立した40代からだそう。

「以前は会社勤めだったこともあり、パリッとした格好いい雰囲気の服を選んでいましたね。それがだんだんしっくりこなくなってしまって…。」

年齢を重ねていくと、お気に入りだった服がいつの間にか似合わなくなっている、という経験をする方も多いのではないでしょうか。石井さんはそこから、自分自身が心地よくいられる自然な素材を好むようになったそうです。

「これからの時季は、カシミヤやウールのニットが活躍しますね。優しい暖かさと、ふんわりとした肌触りが気持ちいいので。
インテリアのスタイリングは結構な重労働だから、軽さや動きやすさは大切なんです。その上、見た目もやわらかな雰囲気で着られるのがうれしいところですね

服や物は “今の自分”に合うかが決め手。

では、今一番のお気に入りは?とうかがうと、素材感、デザインともに今年購入したウール生地のロングベストだそう。そこで『着心地のいい服』のアイテムからも、カシミヤやウール、コットン生地の服を中心にお試しいただきました。

「首や腰回りが気になるので、すっきりとした衿元やゆったり着られてスマートなシルエットがいいですね。暖かさも抜群で幸せな気分になりました! オーガニックコットンのレギンスは締めつけ感がなく、快適にはけますよ。冬の撮影スタジオは特に冷えるので、手放せなくなりますね(笑)」

と、年齢や環境などの変化に応じ、スタイルも変えて楽しむのが石井さん流。

「服や物は “今の自分”に合うかが決め手。好きだと感じるモノを、その時々で探すのが私には向いているみたい」
と爽やかに微笑んでくださいました。そんな自然体な彼女には今、天然素材の服がぴったりなのでしょう。

【プロフィール】いしい・かなえ
雑誌や書籍、広告などでインテリアや暮らしまわりのスタイリングを手掛ける。著書も多数あり、「Love Customizer2 DIY×セルフリノベーションでつくる家(エクスナレッジ)」や、自身が編集長の「Heima これからの住まい支度(宝島社)」は2作目を11月6日に発売。

カシミヤ、ウール、コットン生地素材のオススメアイテム
ページトップへ
ページトップへ

着心地のいい服