技術の進歩から生まれた「和紙ニット」ってどんな素材?

技術の進歩から生まれた「和紙ニット」ってどんな素材?

夏に嬉しい新素材。和紙ニット。

和紙で作った糸と綿糸を撚り合わせて編み上げた和紙ニット。
麻を思わせるシャリ感と清涼感、羽衣のような軽やかさで、”夏にピッタリの素材“として近年注目を集めている素材です。

和紙糸は繊維に適度な隙間があるため吸水・吸湿性が良く、汗をかいてもすぐに乾いてベタつかないのが特徴。

ほかの繊維に比べて毛羽立ちが少なく、肌に直接触れてもチクチクしにくいため、デリケートな肌の方にも安心です。
さらに、ほこりや花粉などから身体を守り、消臭抗菌効果も期待できるそう。
ニットなのに自宅でカンタンに洗濯ができるのも嬉しいポイントです。

近年の技術の進歩によって生まれた、夏に嬉しい新素材です。

鹿の子編みで表情豊かに。和紙ニット鹿の子プルオーバー。

凹凸のある鹿の子編みの和紙ニット。肌離れがよく、ざっくりとしたリラックス感のある着心地です。
ラグランスリーブで、肩から腕のラインもすっきり見え。衿ぐりのリブがアクセントです。

着こなし自在の前開きベスト。和紙ニット透かし編みベスト。

ヒップが隠れるチュニック丈のニットベストは、裾の透かし編みが涼しげ。前開きタイプなので、さっと羽織るのにも便利です。
Tシャツやタートルと合わせて長いシーズン活躍してくれるアイテムです。

着心地のいい服