「近江の麻」で仕立てた、柔らかな風合いの丸衿ブラウス

「近江の麻」で仕立てた 柔らかな風合いの丸衿ブラウス

素肌にまとう柔らかな風合い。
「近江の麻」で仕立てた、丸衿ブラウス。

麻の産地として名高い滋賀県で作られる「近江の麻」。

近江は琵琶湖を中心とした豊かな水と、高温多湿な内陸性の気候という、麻の栽培に適した自然環境に恵まれた土地です。
室町時代から麻の産地として発展し、現在も熟練の職人たちによって高品質な麻織物が作り続けられています。

そんな「近江の麻」を使って織り上げたダブルガーゼは、麻のシャリ感や吸水・速乾性はそのままに、二重にすることで生地の間に空気を含んだ、ふっくらとした柔らかな風合いが自慢。丁寧に織り上げるため、一日の生産量が限られています。

洗うたびに徐々に自分の肌に馴染む風合いへと変化していくのも大きな魅力。
服を育てる楽しみも一緒に味わえる、上質な一枚です。

素材にとことんこだわった、ダブルガーゼ丸衿ブラウス

大人の可愛らしさときちんと感を両立させる、小ぶりの丸衿デザイン。上品な存在感で、顔回りを優しく見せてくれます。
前開きタイプで着脱しやすく、ゆったり着られる清涼感が魅力。
天然素材ならではの、柔らかな風合いです。

着心地のいい服