着心地スタッフからの想いをご紹介―お洋服を通して伝えたいこと

スタッフの想い特集

新型ウイルスが世界中に猛威を奮うようになってから、はや一年が経ちました。人と直接会えることが当たり前ではない、ということに気づいた一方で、会わなくても近くに感じることはできる、とも気づいた日々。
2021年春号では「お客様の毎日に寄り添う服でありたい」という理念に添って、スタッフ全員でお客様から寄せられたおハガキを改めて拝読し、「もっとこうだったらいいのに」にお応えする服作りをいたしました。
本特集では、その一例をスタッフからの言葉でご紹介させていただきます。

リバーシブルタートル

「より柔らかく、着やすい一着」にバージョンアップいたしました!

リバーシブルタートル


2年前より販売をはじめ、たくさんの方から大好評のお声をいただいているリバーシブルタートル。
「二枚重ねであたたかい」「華やかで楽しい」といったお声を読むたびに嬉しい気持ちがいたします。その一方、「厚みがあって動きづらい」といったご指摘もございました。
そこで今回は無地の生地を前回までの「フライス」ではなく、ボーダー柄と同じ「SZ天竺(エスゼットてんじく)」という生地に変更しています。また、厚みもこれまでより少しだけ薄いものにすることで、ごわつきの問題を解消いたしました。
もちろん、二枚重ねの仕立ては変わりませんので、間に空気を含んだあたたかな着心地はそのままです。無地とボーダーそれぞれを楽しめる春らしい遊び心のある一枚。ぜひ進化した柔らかな着心地をお試しください!


なめらか綿シルクタートル

上質な素材を、もっと身近に。お肌に優しいお洋服をお届けします。

なめらか綿シルクタートル


『着心地のいい服』には、お肌の悩みを抱えたお客様からのお声がたくさん寄せられています。化学繊維が苦手という方はもちろんですが、天然素材の中でも限られた素材しかダメ、とおっしゃるお客様もいらっしゃり、そのような方に少しでも多くの選択肢をご提案できるブランドでありたいと考えています。
今回ご紹介する綿シルクタートルは、綿とシルクを混紡した生地から作りました。シルクの中でも長繊維(フィラメント)のみを選別していますので、とてもなめらかな肌触りです。とろけるような柔らかな質感を、ぜひご堪能くださいませ。
また、シルクならではの発色が活きるよう、顔映りの良い明るい色を選んで展開しております。首回りを包む優しいぬくもりを感じていただきながら、春の着こなしに華やぎをプラスしてお楽しみいただけましたら幸いです。


春の「着心地のいい服」パンツ

「はき心地ラクラク&きちんと見え」の夢のパンツを目指します!

春の「着心地のいい服」パンツ


2019年冬号以来、こちらも大好評をいただいているパンツです。深めの股上、美脚シルエット、楽にはけてすっきり見える後ろのみゴムのウエスト、というお客様からのご希望を集めたデザインはそのままに、季節で生地を変えております。
これまでにいただいたおハガキで、ハリ感のある布帛素材よりも、伸縮性のあるカットソー素材の方が「動きやすい」と人気だったため、春もカットソーにこだわり、上質なスーピマ綿を使った「ポンチシルケットバイオ」という生地を選びました。ともするとカジュアルに見えてしまうカットソーですが、今回の生地にはシルケット加工を施しております。
シルケット加工とはその名の通り、素材をシルクのような質感にする加工です。生地の毛羽立ちを抑えてなめらかにするとともに、光沢感と高級感をプラスします。
「楽に着られてきちんと見える」という『着心地のいい服』のコンセプトを代表するパンツとなっておりますので、ぜひご愛用くださいませ。


ページトップへ
ページトップへ

着心地のいい服